鉄筋工事

折り曲げ形状と寸法

 


圧接部分の形状

SD490の時は、2mm以下

SD490の時は、直径1.5d以上
SD490の時は、長さ1.2d以上

 


ずれと偏心

↑鉄筋径が違う時、細い鉄筋の1/5

  • 径の差が5mmを超える⇒圧接しない(監理指針)
  • 「自動ガス圧接、熱間押抜ガス圧接」⇒鉄筋径が違う時ダメ
  • 2種の方が技能レベルが上(1種より:圧接技量資格者)

  • 外観検査:全数
  • 超音波:1検査ロットから30か所
  • 引張試験は:1検査ロットから3本

1検査ロット:1組の作業班が1日に施工した圧接箇所の数量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください