試験の見直し② 思い込みによる失点

続きまして、施工No.13 鉄骨工事からの出題

4番のスタッド溶接、仕上り精度、スタッドの傾きが15度以内として~

 

「ハンマーで叩いて傾いたスタッドを想像して、15度オッケー!

そのままスルーしたが、

どこを探しても打撃試験”  なんて書いていない。。

1番2番は合ってそうで、3番を過去問で見たような気が、じゃあ3番。で失点!

 

前提仕上り精度の文字をチェック)を確かめてから判断しなければならなかった。

仕上がり精度の傾きが5度以内と知らなくても、おかしいことに気づけたはず。

 

また、見直していて分かったが、打撃試験の15度と30度の違いを理解していない。このなぜ?を質問して、違いを整理することを怠っていた。

 

2件のコメント

    1. お疲れ様です。
      コメントありがとうございます!
      おじさんも見直しされてるんですね。
      どういうプロセスで失点してしまったか、話し合える日を望んでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください