試験の見直し③ マークミスで失点

建築技術教育普及センターから、合否の判定結果が届いていた。

圧着ハガキの端っこをつまんで、めくるそばから点数を確認…

 

「計画と環境設備の点数が、自己採点より1点ずつ足りない!」

 

なんでだ?

 

問題用紙には、もれなく印を付けてきた。抜けはなかった。自己採点が違う?試験終わった後すぐウラ指導のリアルタイム採点予想システムも利用したし、TACの解答速報も見たんだけどな。いや、合格物語のキーワード検索ですでに試験の見直ししたし。間違ってないはず。マークミス?いや、前半の計画と環境設備はまだちゃんと集中力あったし、丁寧に解いたし、マークしたし。

 

迷った問題?消しゴムで消してなおした?

 

今からどの問題でマークをミスったか、見つけられそうもない。

普段から4択で問題を解くときは、ぐりぐりの練習が必要だと思った。

 

2点違うのは、大きい。

 

計画と環境設備なら時間に余裕がないわけじゃないので、最後にマーク箇所をもう1回確認する作業が必要なのか、どうなのか。その前の段階か。(実際、確認するフリに等しかった訳で。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください