試験の見直し④ 流し学習でサラッと失点

合格物語で、違いを意識せずに流し学習。本番でもサラッと失点してしまった。  

 

施工No.15  木造・組積工事からの出題

NくぎとFNくぎの違いとは?

 

  • Nくぎは、鉄丸釘、下地材及び造作材に用いる釘
  • FNくぎは梱包用JIS規定外なので使用してはいけない

 

これは、過去問をきちんと押さえておけば、サクッと1番を選んで次に行くような問題だったのだと思います。3番の過去問に目が行ってしまい…(大壁造の耐力壁…増し打ちは良いはずなんだけど、構造用合板って切り欠いて良かったっけ???)

 

違いがあるものは、それを意識して、書き残して学習 ! 

 

 


つい最近も同じようなことが…

ブログの設定で、コメントの許可を全体設定から個別設定に変更したことをすっかり忘れて…コメント出来ないようになってました。 こういう部分が、自分に欠けている所だなと思います。この行動は何を目的としていて、それはどんな反応で現れて、実際どうなったのか。 目的意識はとても大切。

 

 


これを復習して、釘を打ちます!

施工 木工事 釘打ち
木工事 釘打ち
  • 板厚は釘径の6倍以上(と言うことは、釘径は板厚の1/6以下)
  • 釘の長さは板厚の2.5~3倍
  • 板厚10mm以下の場合は4倍を標準(それは、薄い板を打ち付ける場合でも、長さは必要だからでしょうか?)

 

※緑の線が、数字の6を表しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください