試験の見直し⑤ 法規No.1 用語の定義

平成30年一級建築士試験 学科Ⅲ(法規)の見直しを行う。

 

[No.1] 誤っているものはどれか?

1番の高架の工作物は建築物に入るので、マル!

2番の避難階は複数あって良いから、マル!

3番の遮炎性能、…外壁? なーんか違う。

4番は、ちょっと何言ってるか分からないので、パス!

(3番に戻る)

 

3番だよな??

 

いけないことと思いつつ、法令集を引く。

法2条第九号の二ロ 「あっ、やっぱり防火設備

 


復習

1.  高架の工作物内に設ける店舗は建築物。

2. 直接地上へ通ずる出入口のある階を避難階と言う。

 

3. 遮炎性能ときたら防火設備。防火設備ときたら遮炎性能!

法令集を引かずとも、自信持って!(確認しに行ってどーする!)

緊張に負けてしまった。

 

4.【材料の品質からの流れかーーーーっ!!!!!】

反応できなかったけど、確かにそうだ、そうだった。

法37条(材料の品質)→令144条の3(政令で定める部分)

 

”防火上”バルコニー”の文字が薄く見えた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください