【構造】構造計画-30243

鉄筋コンクリート造の多層多スパンラーメン架構の建築物の1スパンに連層耐力壁を設ける場合,連層耐力壁の浮上りに対する抵抗力を高めるためには,架構内の中央部分に設けるより,最外端部に設けるほうが有効である.

 

 連層耐力壁は、中央部に配置した方が良い

  • 赤く塗った大梁が「境界ばり」です。
  • 片方より両側にある方が浮き上がりを押えます。

 

ガッテン!していただけたでしょうか?




2件のコメント

    1. おじさん様
      そこは「ガッテン!」と答えて欲しかった(笑)

      今後とも刺激し合いましょう!
      よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください