【法規】09構造

どーも~、北野です。 Follow me ?

昨夜は湯船につかりながら、合格者たちの勉強法を読みました。

以前アンダーラインを引いていた部分を主に。

 

過半の受験生が解ける問題さえ得点できれば合格できる

読み終え本を閉じると、著者と目が合い

7秒ほど見つめあいました…

 

…クリスマスが近いですね。

 

 インデックスの貼り付け箇所

シールを貼っていて一箇所きづきました。

  •  類似用途  令137条の17 18

 

法87条 用途変更 → 類似の用途を確認 令137条の18

条番ずれが去年ぐらいにあったのを思い出しました。



 許容応力度計算

法規のウラ指導の解説を読みつつ、許容応力度等計算について書きました。

保有水平耐力計算については、①+②+③保有水平耐力+④

 

分かったような混乱してるような。

「どの辺りを話してるか」のイメージが不十分なので、もう一度確認します。





4件のコメント

  1. お疲れ様です。
    許容応力度計算と許容応力度等計算…

    ありさんの講義を聞いて、
    ようやく理解できた記憶があります。

    実際の試験、模試等で読み違いに注意ですね。
    「等」にグルグルっと○を付ける!

    頑張って下さい。

    1. Tortuga様
      いつもコメントありがとうございます。
      Tortugaさんのブログも読ませていただいています!

      そうですね、アリさんゴマさんの講義が思い起こされます。
      「許容応力度計算と許容応力度等計算は違いますよ。」

      『えー! (;゚Д゚) 』

      引き続きガンバリマス!

      1. そうだ、そうだ、グルっとマルだ!笑

        私も、この辺、ありさんの解説を片手に法令集読んで理解したんで(実際の構造計算はやったことないから)、また記事書きまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください