【法規】用語の定義

どーも~、北野 です。 Follow me ?

法規科目をダウンロードしたので、用語の定義をマルバツ問題でやりました。

(法規のウラ指導で一度やったので、定着してるかの確認です。)

 

一つ問題を解いたら、法令集で位置を確認して次の問題に。

  • 限界耐力計算は、構造構造計算のふせん開いて保有水平耐力計算の次。許容応力度等計算の前。三号と五号を確認。

 

 結果は、1問不正解!

法令集で書いてある場所がイメージできてるか、声に出しながら

「図書館は115条の3 類似特建! えーと、この辺。。」

 

と言いながら赤枠「類似特建」のふせんでなく、

青い「類似用途」のふせんを開く。。(おい!おい!

 

※類似特建のふせんが、別表のふせんで隠れてました。

 


間違えた延焼のおそれのある部分

  • 外壁間の距離は、絵を書いて中心線からの距離を確認する。延べ面積の合計が500㎡を超えるかの確認はできている。OK !

 

試験本番の時は、一番緊張しながらやる問題だと思うので、気を抜いて取り組んではいけないなと反省しました。

本番では法令集引かないで、サクッと見極めて次の問題に行きたいです。

 

  • 建築とは、新築・改築・増築・移転!
  • 請負契約によらないで自ら建築物に関する工事をする者は「建築主」であり「工事施工者」でもある!(11月の講習会の記憶が出てきました!)

 

なぜ防煙壁の問題って55cmで出題されるんでしょう?



2件のコメント

  1. 刺激されます
    北野様、きっと合格されるのでしょうね、気を抜かずに最後まで計画的に進めてください。
    受験の失敗を忘れそうになったらここに来て、再度闘志を再燃させていただきます。これからも頑張ってください。

    1. コメントありがとうございます!
      昨日は更新止まってしまいましたが、なるべく毎日更新する(学習のまとめを行う)ので、良かったら毎日来ていただけると大変うれしいです!一緒に合格をもぎ取りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください