やりっぱなし勉強…講習会へ

どーも~、北野 です。Follow me ?

 

講習会の範囲を先に進めようと、その範囲に取り組んでいたんですが

Web講義読んで、基本問題の解説流し読みして、

付箋つけたぐらいにして・・

 

「学んだこと書き出してみる」までしてませんでした。

 

(その時間も見込んで学習しねーとよ!)

 

上下に大きさの異なる二つの開口部がある室において、無風の条件で温度差換気を行う場合、大きな開口部における内外圧力差は、小さな開口部に比べて小さい。

この現象を知ることで、設備設計のなんの役にたつのかな?

などど余計な深掘りまで始める始末……

(その穴は、自分を埋める穴になりますよ!)

 

 

スケジュールもズルズル…

 

講習会から帰ってきたらしっかり反省し、見直します。

 

 


 続:製図の問題文読んでみた

今回はどこを言うのか分からない言葉です。

  1. 歩道の切り開きは、1箇所当たり6mまでできるものとする

(イマイチどこの長さが6mかつかめてない…幅?長さ?)

※結局どこの長さかわかりませんでした。

 


標準解答例をチラ見しました。

建物を建てる位置を決めるために、敷地内通路や駐車スペース(今回は隣地にある)も考えないといけないんですね。

駐車スペースの大きさは、「建築計画」のWEB講義を思い出しました。

  • 幅2.5m×長さ6.0m




2件のコメント

  1. お疲れ様です!

    「上下に大きさの異なる二つの開口部がある室において、無風の条件で温度差換気を行う場合、大きな開口部における内外圧力差は、小さな開口部に比べて小さい。」

    めちゃくちゃ大事な話ですが、この理論と実態がつながりづらいかも・・・
    マンションの高層部分とか、この圧力差がすごくて、窓を開ける時の圧力とかスキマ風の風切り音がうるさいとかあるんですが。
    設備にどう関連してるかですか・・・?
    確かに。

    この問題に限らずですが、そうゆうもんだと思って記憶してしまうのもありです。(結局そこかい?)
    また、あまり深入りしすぎも難しいところで、時間だけがムダになってしまうので、30分とか決めて調べてみて、やっぱり意味不明!であれば気兼ねなく質問されてください。

    歩道切り開きの件は、グーグルで、歩道 切り下げ 幅 で、画像検索してみてください。
    車道から歩道を垂直に横切って敷地に入る場合の、乗り入れる幅です。
    歩道の幅員でなくて(図見た方が早い

    1. padmateaさま
      コメントありがとうございます。
      マンションの高層部分には、そういう問題も起きるんですね。
      深入りせず、前に進みます!

      「歩道の切り下げ」画像検索しました。
      ありがとうございます!
      見つけられなかった答えに辿り着きました!感激です!
      乗り入れる幅のことだったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください