【環境】照明 色温度

 🔄

どーも~、北野 です。Follow me 🐣

ここ数年バレンタインデーって嫌なイベントって思っていました。

2月13日、とても寒かった日に思いもよらぬ場面で

チョコもらったんですよ!

外は-3℃でも、心はポカポカになりました💖

いやー、素敵なイベントですね。



 昼光色 6,500K

意気揚々、明るい場所を求め歩いていたら、蛍光灯売り場にいました。

サンプルとして展示してある中で、一番青白く強い光を出している電球が

昼光色でした。

【昼光色蛍光ランプ 6,500K】と書いてあったので、これで昼光色と昼白色の違いが覚えられそうです。

  • 6,500K 昼光色蛍光ランプ 
  • 5,600K メタルハライドランプ
  • 4,500K 昼白色蛍光ランプ
  • 4,100K 蛍光水銀ランプ
  • 2,850K 白熱電球
  • 2,100K 高圧ナトリウムランプ

昼白色は、太陽光に近い自然な光。昼光色は、青白く色温度の高い光。

  • 光源の効率→(光束lm/消費電力W)
  • 色温度【赤→オレンジ→黄→白→青白】
  • 平均演色評価数 演色性を数量的に評価したもの
    白色LEDランプ 60~80程度
     水銀ランプ 44程度
  • 点灯応答時間・・LEDは、パッと着く。
  • 寿命・・LEDは長寿命!

色温度と演色性は関連がない。

同じかな?っていう思い込みで混乱してました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください