無題

北野です

しばらく沈黙してしまいました

進捗は60% 残り40%です

正直、毎日不安でいっぱいです。

どれくらい不安かというと、

幅員20mの道路A に接続している道路B(幅員5.5m)に、

「特定道路緩和」の計算をシコシコはじめてしまいました。

6m以上12m未満の道路でないので、適用できないのです。

では、毎日が不安なら 夜も寝付けないのかというと

それも違います。

法規の問題を解いていると、とっても眠くなります。

ショボショボした目で、この問題につまずきました。

法規23202

主要構造部が耐火構造である地上6階建ての病院(避難階は1階)で,6階における病室の床面積の合計が90㎡である場合において,その階から避難階又は地上に通ずる2以上の直通階段を設けなければならない.ただし,「避難上の安全の検証」は行われていないものとする.

令121条


 イ 6階以上の階でその階に居室を有するもの(第一号から第四号までに掲げる用途に供する階以外の階で、その階の居室の床面積の合計が100㎡を超えず、かつ、その階に避難上有効なバルコニー、屋外階段その他これらに類するもの及びその階から避難階又は地上に通ずる直通階段で第123条第2項又は第3項の規定に適合するものが設けられているものを除く。)

に掲げる用途に供する階以外の階?を除く?

今まで気にもとめていなかった条文に、なにを言ってるか急に分からなくなってしまいました。

四号は病院なんだけど・・

病院の用途に供する階以外の階、で、を、除く?

(?_?)

そうだ、知ってる言い回しに変換しよう!

私以外私じゃないの♪ は、私のことだ!」ということは病院は該当する!

Don’t think! Feeeeeel.

こんなことをやっていて、気づいたんです。

あー、私はまさしく

月を捉えようとせずに指先だけ見ている(←先日の記事参照

Don’t think! Feel.
It’s like a finger pointing at the moon.Do not concentrate on the finger or you will miss all of the heavenly glory.

6階以上の階の居室は必要だけど、面積が小さい場合は緩和規定がある。
でも劇場、店舗、カフェ、病院などは2以上の直通階段あったほうが良いので除かれている。

問題の答えは、マル

①主要構造部が耐火構造なので、「倍緩和」が使える。

②四号の病院の用途、50㎡を倍にすると100㎡ なので該当しない。

③六号の「イ」に該当する。よって、設置義務が生じる!

2件のコメント

  1. おつかれさまです。

    そうです、そうです。
    勉強が進んでくると、今まで気にもならなかったことが、「あれ?これは?」ってなるんです。
    その違和感の原因を、しっかり自分で追求できてる!!!
    言い回し、難しいところも回避できましたね。グッジョブです!

    法規は、この積み重ねです。
    ひたすら。
    焦らず続けてください。
    必ずチカラになってます。

    1. 自分で追求しつづけた先に合格があるように見えました。
      法規講習会(仙台)で、大きいエネルギーをもらったので引き続き頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください