学科試験「11」にまつわる問題

6月11日 北野茶です。 Follow me🐤

ちょっくら「11」が出てくる問題をピックアップしました。

  1. 令112条5項 の「11階以上」

  2. 令129条の2の7 の「地階を除く階数が11以上」

  3. 消防法の「11階以上」
    「地階を除く階数が11以上のもの」

  4. 【構造文章】 の「軒の高さ11m以下」

法令集で確認すると、

  1. 令112条 ときたら、「防火区画」です。
    1項2項3項が面積区画で
    5項6項7項は、高層区画でした。
    (9項はたて穴、12項は異種用途)


  2. 令129条の2の7 は、第5章の4建築設備等の範囲
    「エレベーター等」の付箋の手前です。
    昇降機のひとつ前、冷却塔設備です。


  3. 消防法の「11階」は調べたら結構ありました笑
    過去問に出てたのは避難口誘導灯の設置義務です。
    設備科目に非常用コンセントの出題もありました。)


  4. 構造文章の軒高11m?
    高さが13m以下、高さが9m以下じゃ?笑
    補強コンクリートブロック造 の規定にありました。

過去問を使ってアウトプット

1.令112条5項 高層区画の11階以上の部分

令112条5項 高層区画

2.冷却塔設備の 地階を除く階数が11以上

冷却塔設備

3.避難口誘導灯の設置義務の 11階以上

消防法(令)26条
・・に掲げる防火対象物の地階,無窓階及び11階以上の部分

避難口誘導灯

4.補強コンクリートブロック造の 軒高11m以上

補強コンクリートブロック造
 「11.壁構造」のWEB講義 より

(補強コンクリートブロック造設計規準・同解説7条)

補強コンクリートブロック造の建築物の各階の階高は3.5m以内とし,A種ブロックを用いる場合は,階数2以下,かつ,軒の高さは7.5m以下とし,

B種又はC種ブロックを用いる場合は,階数3以下,かつ,軒の高さは11m以下とする.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください