ウラ模試2を解いて

どーも~、北野です。

ウラ模試2を解きました。

計画のヨーロッパの歴史的建物とその建築様式に関する問題は、

(あーこれは解けないかも。。)と思いながら、、

様式を順番に書いてみるかと、書いて考察しているうちに

そー言えば、講習会で小さい窓から大きい窓への話してた!

と思い出しました。

解けそうにないと思っても、あきらめない!とはこの事かと思いました。

計画(15点でした)

No.2 で、その数値の「その」ってドコ?って手が止まってしまい
直前にあるサービスレベルではなく、個数にチェック入れてしまったのは、本番でもやりそうなので気を付けます。

No.3 エアフローウィンドウがどんなものだったか書き出せませんでした。復習します。

No.16 3の屋外サッカー競技場の長軸が南北であってるかが不安なり意識がそこだけになり、1の収蔵部門と研究部門についてイメージせず解答してしまいました。得点できたけど、気を付けたい所です。

No.18 建築計画の問題は、いったんパスしました。なかなか身につきませんが、本番でもパスしないように再度復習します。

No.19と20も同じです(涙)

1件のコメント

  1. おつかれさまです!
    苦手?な計画と思いますが、そんなときこそ過去問をしっかり復習されてください…
    あと少しふんばれますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください