とりこぼしのチェックⅡ

見直した結果、環境・設備は 13点でした。

失点は、7問です。

試験前に計画、環境設備が足切りになりそうな気がして不安で一杯でしたが、解き方の甘さで易々と失点してしまいました。

環境設備〔No.3〕温度差換気

計算結果は合っているのに、なぜか違う番号を選んでしまいました。

数字だけ見て選択枝を選びました。

練習では、自分で大小関係を確認してから選んでいたのに、本番では省略してしまいした。本当に痛い失点です。

過去問のままの出題に、甘く見てしまいました。

環境設備〔No.7〕照度

狙ってた出題 (試験前に再確認してた問題)だったのですが、分母を二乗して考える事を忘れていました。

マークシートを回収している時に、それに気付きました。

今までとは違う問い方に動揺して、自分で書き出した公式の誤りに気付けませんでした。角度の考え方だけ意識していました。

環境設備〔No.8〕色彩

どれもマルに見えました。

ウラ模試で出題されていて、「くすんだ赤みの黄 」を覚えていたのですが、出題文と照らし合わせて考えることができませんでした。

落ち着いて考えれば、修飾語は2つです。

全部正しく思えたので、4番の記憶違いを疑ってしまいました。

環境設備〔No.10〕吸音・遮音

正直、何で読み落としてしまったか分かりません。

吸音処理という単語だけで丸を打ってしまいました。

後半部分を読めば、明らかにバツです。

【吸音処理を避けることが望ましい

大事な部分のチェックを怠ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください