学科試験の総括

令和 元年一級建築士試験結果

それは引っ越しの荷造りをしている時でした。

食パンをオーブントースターに入れ、

タイマーを6まで回してから3(分)にセットしました。

他の作業をやっている間に ”チン” と鳴ったので取りに行ったのですが

食パンは焼けていませんでした。。

果たして、これの何がイケなかったのでしょう?

コンセントに電源プラグがささっていませんでしたww

シュレッダーを使うため、電源プラグを抜いたのを忘れていました。

5以下にセットするときは6まで回してからもどしてください。より先の大切なこと

電源プラグがコンセントにささっていることを確認しなかったため起きた

今回の失敗ですが、

この電源プラグの確認不足こそが

環境・設備科目で言いますと、

点光源による直接照度は、光源の光度に比例し、光源からの距離の二乗に反比例する。(環境01071 照度)

が ぼやけてしまったり… 

マークシート回収時に、二乗してないことに気づきました。

法規科目で言いますと、

縁側と天窓にチェック入れてなかったり…(法規01054 採光割合)

地盤状況(著しく軟弱)をチェックしてなかったり…(法規01131 木造軸組)

などの失点を招いたと受け止めています。

とりこぼし21点・・・

私のとりこぼし結果

とりこぼしチェッカーで判定してみると、

今回の私の点数は91点でした。
正答率60%以上だった問題を21点、とりこぼしています。
このとりこぼしをなくすると‥‥‥、112点まで上げることが出来ます。

予想(15点くらいかな?)をはるかに超える結果で、絶句しました。

あと6点足らずとは思っていません。

試験を受けるたび、自分の理解度と学習環境は変化しています。

また来年があるとは思っていませんでしたし、

もっと頑張れば‥、とも思っていません。

引き続き、とりこぼした問題を見直して確認してみたいと思います。

ウラ模試の凄さを感じたが‥

まだ見直し途中ですが、2回分のウラ模試解いて復習していたことで、

試験当日だいぶ助けられたと思っています。

自分が勉強していたので問題が絞り込みやすいと思って試験を受けていましたが、実際は皆さんも同じように感じていたようで‥

もっと獲れる問題がたくさんあったということが現実でした。

法規科目も、法令集の書いてある場所を知ってても

その前に、大事なことが頭の中でパッと出ててきませんでした。

集会所における客用の階段及びその踊り場に、高さ85cmの手すりが設けられた場合における階段及びその踊場の幅は、手すりの幅が10cmを限度として、ないものとみなして算定する。 解答マル(法規01052)

通称:手すり等緩和

こういう問題にサクッとマルを打てないと、時間内に目標点を取ることは難しい

と、噛みしめています。

奨励賞ありがとうございます

大変恐縮で、今回はご辞退させていただこうとも思いましたが、

タブレットPCが故障中で、どれを買うか金額を見ながら悩んでいましたので、

謹んでお受けいたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

2件のコメント

    1. おじさん
      いつもコメントありがとうございました。
      これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください